So-net無料ブログ作成
検索選択

聖徳太子 復活 混乱招く [聖徳太子]




スポンサーリンク


3200005.jpg
聖徳太子が厩戸王(うまやどのおう)になったのはいつからでしょうね。
昭和生まれには意味が分からないことだったんですが。




この度文部科学省が2月に公表した中学校の次期学習指導要領改定案で、告示される見通しだということです。
スポンサーリンク










だいたい中学生を相手に諸説を書くのは煩雑すぎですよね。
普通に聖徳太子だけでいいでしょうし、同じ人物に複数の名前があるというのは、小学生では理解できない子もいるし、難しいのではないでしょうか。


「厩戸王」は一時的に広まった根拠薄弱な俗説(そう言い切っていいと思う)に引っ張られて削除した感が強く、文部科学省官僚の知的レベル、考察力の低下が憂慮される事態であるとも感じました。


当時の実態に即した表記を求める学者先生の言うことを真に受けてはダメです。歴史とは半ば神話、いいかえれば民族の想像力の産物ですし、「聖徳太子」という固有名詞や「鎖国」という固定概念を消去してしまうと、歴史の連続性が見失われてしまいます。


「聖徳太子の名前が消えたら私たちの町の由来はどうなる?」と、揖保郡太子町の方が言われていた。 「聖徳太子」の偉業は、日本人の精神や伝統、信仰や生活に深く息づいている。そのこと自体が大切な私たち日本人の歴史です。

スポンサーリンク








スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。