So-net無料ブログ作成
特ダネ ブログトップ

特ダネ 伊勢型紙 職人技 3/22 [特ダネ]




スポンサーリンク



3220002.jpg
伊勢型紙とは、友禅、ゆかた、小紋などの柄や文様を着物の生地を染めるのに用いるもので、千有余年の歴史を誇る伝統的工芸品(用具)です。


とても緻密な作業が必要で、1cm幅に、最高で11本もの縞を彫ったり、1平方センチに100個ほどの穴が彫られた作品もあります。

3220003.jpg


まさに職人技!



伊勢型紙の伝統工芸伊勢型紙の技を生かしたインテリア・ご贈答用の品々が最近多くなっています。

リビングや寝室、オフィスなどに飾っても品があってお勧めです。

3220005.jpg

3220004.jpg

3220006.jpg


世界に誇れる技術です。
最盛期の伊勢型紙の職人さんの収入って凄かったんですよ。

関東大震災の前後、1926年ごろの小学校教師が月給50円の時代に、良質の型紙を生産する職人は月300もらっていたんです。

やっぱり見合った報酬があると、技術と人が育つんですね。
現在の日本はどうでしょうか。

考えさせられますね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
特ダネ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。