So-net無料ブログ作成
先制攻撃 ブログトップ

先制攻撃 北朝鮮への攻撃をトランプ大統領が示唆!トマホーク発射!? [先制攻撃]




スポンサーリンク


4070005.jpg
アメリカ合衆国のトランプ大統領が北朝鮮への先制攻撃を示唆する発言をしました。

北朝鮮が6回目の核実験を強行しようとした場合、米軍が通常兵器による「先制攻撃」を行う準備に入ったと報道されました。

すでに原子力空母カール・ビンソンが極東アジア展開に向かっており、グアムの基地からも重爆撃機B-2も出撃態勢を整えたとの情報もあります。

また横須賀港には原子力空母ロナルド・レーガンも停泊しており、一度始まってしまったらどこまでの破壊が行われるか想像もできません。
4070002.jpg
スポンサーリンク








北朝鮮は核実験するのか


北朝鮮は明日15日が太陽節であり、事を起こす確率は高いでしょう。
ただし核実験ではなく、北朝鮮が先制攻撃として日本の米軍基地に攻撃する可能性も高いです。

これはイルミナティーカードの予言として、今急速にネット上で噂されています。



アメリカはトマホークを発射するか


先のシリアへの攻撃で使用された巡航ミサイルトマホークですが、今回有事となった場合、トマホークを発射するのでしょうか?

私は100%使用すると思います。
なぜならばトマホークは世代が古いミサイルで廃棄期限が迫っているからです。

つまり高額なミサイルなのにシリアに対しても57発以上発射したのも在庫処分的な意味合いもあると思われます。

新型ミサイルの方が安く、精度も高い。しかしトマホークを処分するにも費用が掛かるために、理由をつけてトマホークを使用したいのではないかと考えます。

ついでにアメリカの「怒らせるとやっちゃうぞ!」的なアピールを国際的にすることで、世界への発言力をより高めようという政治判断だと思います。
4070003.jpg
スポンサーリンク









まとめ


どちらにしろ、トランプ大統領は穏便に事をすますような人でなく、ビジネスマンだということです。

廃棄するのに費用がかかるならば、有効に使用して優位に立つ。
トマホークの効果が高ければ後継ミサイルも他国に高く販売できるアピールともなる。
その頭の中には世界秩序という考えはないのでしょうね。


いずれにしろ戦争は回避していもらいたいし、とばっちりは受けたくないのがほんねですね。
4070001.jpg
スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
先制攻撃 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。